私たちの取組

私たちの取組み

徳島カーボン・オフセット推進協議会(TCN)は、カーボン・オフセットの認知度の向上を目指し、
徳島を拠点とし以下の4つの活動を行います。

普及啓発

環境に興味を持って下さっている一般の方を対象に、キャラバン講座やサイエンスカフェを開催します。1度の講演で参加者が増えすぎないよう配慮し、温暖化対策に必要なことや、カーボン・オフセットの考え方を広めていきます。
また、よろず相談窓口の設置やプラットホームとなるホームページの整備などを進め、気軽に見聞きできるような情報発信を行います。

これまでの活動を見る

オフセット支援

カーボン・オフセットの取り組みに興味を持ち、制度について詳しく知りたいと考えられている企業の方や、森林所有者の方に一歩踏み込んだ講演や支援を行います。
オフセット・クレジットの利用を考えられている方への活用方法の提案、オフセット・クレジットの創出を考えられている方への申請書作成の手助けなどを実施します。
また、利用側と創出側の間を取り持つマッチング支援も行います。

これまでの活動を見る

環境教育

地域がおかれている課題を解決するために身近な自然に興味を持ち、自分たちにできることは何かを考える「体験型」環境教育プログラムを企画・実施していく予定です。
学習フィールドは徳島県西部の木屋平地区の山林で、さまざまな樹々に触れ、小鳥のさえずりをきき、虫を追いかけながら自然の仕組みや森の豊かさを体験し、自分たちでできることに気付けるようになることがねらいです。

これまでの活動を見る

エリアマネジメント

森の健康診断や木の駅プロジェクトなど、フィールドワークから徳島という地域の特徴を把握し、環境価値を高めるためのアドバイスを行います。
新たなイベントや商品の提案により、一般の方や企業の方が地域を振り返り、共同して活性化をはかれるような機会を設けます。徳島だけでなく、近隣地域を巻き込んだ地産地消を理想とします。

これまでの活動を見る
徳島 カーボン オフセット 推進協議会 ページ先頭へ